2016年04月23日

vsftpd3.0.2 FTPS化

最近、let's encryptというサイトで、サーバの認証証明書が無料で入手できるようになったので、この証明書を利用して、vsftpdをftps化してみた。

vsftpdのバージョンは3.0.2
証明書は、入手済であるとすると、

sudo cp /etc/vspftpd.conf /etc/vstpd.conf.back
とバックアップしておいてから
sudo nano /etc/vsftpd.conf
にて、次のように書き換える

------ここから
listen=YES
anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
use_localtime=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
secure_chroot_dir=/var/run/vsftpd/empty
pam_service_name=vsftpd
rsa_cert_file=/etc/letsencrypt/live/(サーバのドメイン名)/fullchain.pem
rsa_private_key_file=/etc/letsencrypt/live/(サーバのドメイン名)/privkey.pem
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list
log_ftp_protocol=NO
vsftpd_log_file=/var/log/vsftpd.log
dual_log_enable=YES
allow_writeable_chroot=YES
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf
pasv_enable=YES
pasv_min_port=(tcp49513〜65535の連続する5-10ポートを指定する)
pasv_max_port= (tcp49513〜65535の連続する5-10ポートを指定する)
ssl_enable=YES
allow_anon_ssl=NO
force_local_data_ssl=YES
force_local_logins_ssl=YES
ssl_tlsv1=YES
ssl_sslv2=NO
ssl_sslv3=NO
--------ここまで
ここで、
sudo service vsftpd restart

sudo /etc/init.d/vsftpd restart
で再起動する。
ルータを設定して、
Passive用のTCPポートを開けて、FTPSサーバへフォワードする。

sslを有効化したこと、現在主流のtls ver 1のみ対応
サーバー証明書、秘密鍵ファイルの位置をlet's encryptの証明書へのシンボリックリンクを直接見るように設定
rsa_cert_file= では、サーバー証明書を提示することになっているが、
必ず、サーバー証明書+中間証明書の入っている fullchain.pem
を指定する。
もちろん、サーバー証明書である cert.pem
を指定しても、ftpsは有効になるが、
別のパソコンからlftpにでクライアント接続するときに怒られる。
lttp -u ユーザ名,パスワード ftpsサイト名
でログインすると
Certificate Verfication : Not trust
(証明書がインチキ)と表示。
これはこれで、
/etc/lftp.conf
の最下行に
set ssl:verify-certificate no
と記述すれば回避できるが、最初から、 fullchain.pemを指定した方が、いいに決まっている。

lftpのパッケージが導入されていない場合には、
sudo apt-get install lftp
にて導入する。
なお、FTPSサーバは、従来のFTPコマンドでは繋がらなくなる。

WindowsのFFFTPなどのFTPクライアントを
暗号化なしを無効化、FTPS Explicitを有効化、FTPS implicitを無効化、パッシブモードを有効化して
接続できるか確認する。

posted by bmasterna at 09:20| Comment(0) | 日記

2013年01月16日

建設工事の注意点(1)

架台部分の工事を進める中で、重要な点を書き記しておきます。
1,垂直、水平をどうやって担保するのか

測量機を保持していないので、地面に対する水平はホースによる水張りで計測し、その水平線に対する地面方向垂直は、10mと14.14mの長さの計測線を作って、直角三角形の原理で垂直を出しました。この計測をもとに、糸を張るための仮設架台を組んで、地面に対して、水平な格子状に糸を張ります。この糸の交点に支柱を立てるのですが、その支柱の基礎の位置と地面に対する高さが重要です。糸は、作業の邪魔にならないように高いほどいいのですが、高過ぎると、基礎の位置を出すのが難しくなります。基礎の高さは、畑で一番低いと思われる場所を基準にそれに合わせて他の支柱の場所の基礎の高さを決めます。一番低いところを基準にするので、他の支柱の場所は、若干掘ることになります。
畑に基礎を設置してわかったことですが、畑に高低があって、高いところは300mmくらい掘りました。基礎は、畑を維持するために、最小限のもので、グランドペーパーという薄いレンガを良く抑えた堀穴の上に置き、その上に、固定ベースという単管パイプ部材を置いて、その固定ベースに単管パイプを刺して支柱を立てました。このようにしないと、畑土は大変柔らかいので、支柱が簡単に沈み込んでしまいます。支柱の垂直は、水平器を利用し確認します。
実際の現場は、ここに書いたほどうまく施工できていません。施工上の反省も込めてまとめてみました。糸張りと基礎がうまく行くと、後の仕事は随分楽になります。
posted by bmasterna at 09:51| Comment(0) | 日記