2016年04月01日

vsftpd3.0.2 その2

前日記載の手順でvsftp3.0.2を導入した後の設定であるが、

/etc/vsftpd.conf
をまず、
sudo cp /etc/vsftpd.conf /etc/vsftpd.conf.org
のようにバックアップして、
を下記のように変更する。

----------ここから
listen=YES
anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
use_localtime=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
secure_chroot_dir=/var/run/vsftpd/empty
pam_service_name=vsftpd
rsa_cert_file=/etc/ssl/private/vsftpd.pem
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list
log_ftp_protocol=NO
vsftpd_log_file=/var/log/vsftpd.log
dual_log_enable=YES
allow_writeable_chroot=YES
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf
pasv_enable=YES
-----ここまで
次に、
sudo mkdir /etc/vsftpd
sudo mkdir /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf
sudo nano /etc/vsftpd/user_list
に、接続させたいユーザー名だけを記載したファイルを作成
ユーザーがhogeなら
hoge
と1行だけ記載する。複数のユーザーが要る場合には、改行して複数のユーザー名を記載する。
sudo nano /etc/vsftpd/chroot_list
何も書かない。しかし、ファイル自体は必要。
sudo nano /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf/hoge
には、
local_root=/home/hoge
と1行だけ記述する。
複数のユーザーが要る場合には、同様に、ユーザー名のファイルを作成して、
同様の1行を記載する。

sudo /etc/init.d/vsftpd restart
でvsftpdを再起動して、
インストール作業用のファイルは不要なので
sudo rm -rf /usr/local/src/*

念のため
/home/hogeの
パーミションとオーナーを確認する。
cd /home
ls -la

/home/hogeの
オーナーとグループが共に
hoge
で、パーミションが
755
になっている必要がある。

FTPクライアントからこのvsftpdのftpサーバに接続して、ファイルのupload、download
ができることを確認する。

3.0.2のバージョンは快適である。



posted by bmasterna at 09:49| Comment(0) | 遠隔監視装置
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: