2016年08月19日

DCR-G54/U故障

発電所の遠隔監視装置に使用してたルーターDCR-G54/Uが故障した。調べてみると、設定した内容が全て消失してデフォルト状態になっている。再設定すれば、当然、故障前の状態に戻るが、一旦電源を抜くと、すぐに、デフォルト状態になる。つまり、内部のフラッシュメモリが壊れたとか、バックアップ用の電池が切れたとか・・・・・という状態。
ルーターの内部基板を取り出してみたが、電池らしいものはどこにもない。結局、DCR-G54/Uは、廃棄処分となった。

先日、書いたRaspberryPiをNATルーター化することにする。DCR-G54/Uが無くなっても、ルーティングは普通にできる。先日照会したソースよりも、少し進化したソースを導入する予定。RaspberryPiをNATルーター化に関するインターネット上の記事は大量にあるが、連続して、3G回線接続をさせようとすると、そんなに単純ではない。

さらに、先日vsftpd3.0.2のことを書いたが、最新のraspbian(Jessie lite)を導入すると、デフォルトで,3.0.2が導入される。古いOSを何度もupdateするのもいいが、メジャーなupdateのときは、デフォルトからRasoberry PiのSDカードを作り治す方がいいような気がする。
Jessieのくせというかルール変更もあるので、慣れるしかないところもある。


posted by bmasterna at 00:13| Comment(0) | 遠隔監視装置