2014年11月14日

Raspberry Piをロガーとして使う

VPNブリッジを構築するために、RaspberryPiを使っているが、このRaspberryPiをロガーとして機能されることができる。アナログ電圧で入力されるアナログ信号をスーケル変換して記録するもので、MCP3208というA/D変換ICを使う。MCP3208は、秋月電子で購入できる。通常の計装信号は1-5Vや0-5Vが標準なので、3.3VのRaspberryPiのSPI接続で直接つないでも、0-3.3Vのアナログ信号しか記録できない。そこで、SPI接続のロジックレベルを3.3Vと5Vで相互に変換する必要がある。これには、ロジックレベルコンバータTXB0108を使う。スイッチサイエンスで入手できる。私の実験では、MCP3208のアナログ入力を3.3kΩくらいの抵抗でプルダウンしておかないと安定して0Vが表示できなかった。
ソースコードは、こちらにある。このソースコードでは、パルスカウンター機能はなく、警報メール等にも対応していないので、WDR-7と胴レベルではないが、アナログデータの記録だけに特化すれば、WDR-7と同等機能が、非常に格安で実現できる。実験されれば面白いと思う。


posted by bmasterna at 23:11| Comment(0) | 遠隔監視装置