2013年07月09日

支柱を利用した農作物栽培

春から秋にかけて、支柱を利用して、いろりろな農作物を栽培している。エンドウ豆、インゲン豆、きゅうり、苦瓜、かぼちゃである。太陽光発電の支柱は、当然非常に強固なので、これを農作物に利用しない手はない。
かぼちゃは、棚栽培を試みた。単栽培では、かぼちゃの裏面まで光が届き、土で汚れることもないので、高品質のかぼちゃが栽培できる。下の地面も有効利用したいので、さつまいもを植えている。上から、太陽光パネル、かぼちゃ、さつまいもと3段ソーラーシェアリングだ。すぐ横ではインゲン豆も栽培している。8月の半ばになれば、この栽培法の良否がわかる。

IMGP2379.JPG

手前の影は太陽光パネルによるもの、向かって右手がインゲン豆、地上はさつまいも、上側の白いネットの上にかぼちゃが来る。7月9日時点では、かぼちゃは、地上からネットまで、やっと這い上がって来たところ。

IMGP2376.JPG
posted by bmasterna at 21:39| Comment(0) | 農作物